“不世出の名品種”と謳われた幻の酒米「亀の尾」を、往時そのままに80%と低精白し、原点回帰を目指し生酛造りで仕込む。程よい酸が生む爽やかなキレ味が、現代の酒とは一線を画す。自然酒の本流ここにあり。

●酒質:純米 ●原料酒米:亀の尾
●日本酒度:+5(辛口) ●アルコール分:15度
●精米歩合:80%